大阪の児童発達支援、放課後等デイサービス あゆみん上新庄

児童発達支援・放課後等デイサービスあゆみん

メールでのお問い合わせ

あゆみんについて

トップページ > あゆみんについて

保育理念

「あゆみん」では、障がいゆえに生き辛さを感じている子どもと、そのご家族の為に、共に考え、共に歩むことを理念としています。
障がいというものを特別なものとして捉えるのではなく、その子どもの個性として捉え、環境や気持ちの変化により、生き辛さを軽減し、楽しく、その子どもらしい生活が送れるように支援していきます。
「ほかの子と違う」「遅れていると言われた」などでもし悩まれているのなら、一緒に考えていきましょう。
その子ができることを増やし、自信をもって成長していけるよう、「生きる力」を育てていきます。

児童発達支援について

障がいのある未就学児が、日常生活における基本動作や知識技術を習得し、集団生活に適応できるよう支援するための通所施設です。

対象

身体の障がい、知的障がいのある未就学児、または精神に障がいのある未就学児(発達障がいを含む)が対象となります。

注意事項

※原則として各市区からの障害福祉サービス受給者証が必要となります。
※申請の手順なども含めて、お気軽にお尋ねください。
※当施設の設備や環境の状況、障害の状況や程度により、希望者の受け入れをお断りさせて頂く事がございます。
 事前にお電話にてご相談ください。

放課後等デイサービスについて

障がいのある子どもたちに対し、放課後や長期休暇中においての療育の場(日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練等)であるとともに、放課後等の居場所、また、レスパイトケア(ご家族に代わり一時的にケアを代替することで、日々の疲れ等をリフレッシュしてもらう家族支援サービス)としての役割を担っています。
言い換えれば、障がいのある子ども向けの学童保育のような通所施設です。

対象

小学生から高校生までの障がいのある子どもが対象です。

注意事項

※原則として各市区からの障害福祉サービス受給者証が必要となります。
※申請の手順なども含めて、お気軽にお尋ねください。
※当施設の設備や環境の状況、障害の状況や程度により、希望者の受け入れをお断りさせて頂く事がございます。
 事前にお電話にてご相談ください。

対象となるには手帳が必要なの?

「障がいのある子ども」といっても必ずしも障害者手帳や療育手帳などの交付を受けている必要はありません。
基本的には、そのお子さんに「療育が必要かどうか」で判断されることになります。お住まいの自治体による判断とはなりますが子ども相談センター(児童相談所)、市区保健センター、医師等により療育の必要性が認められた児童ならば手帳の有無を問わず利用できます。

メールでのお問い合わせ